借金を返す為にはWEBライティングもおすすめ!その為のコツ

借金返済をしていく中では収入源の幅を広げていくことは不可欠です。

 

リスクを最小限にして副業を始めていくならライティングなどもおすすめです。

 

 

キャッシングをしている場合には節約を心掛ける必要もありますよね。

 

ライティングは、ひたすら画面をじっとにらめっこしながら作業をするお仕事です。
最近はじめたクラウドソーシングでウェブライターをしていますが、

 
たとえ記事が完成したとしても、誤字脱字等がないか何度も画面を見返しますよね。

 

それをしてるとものすごく目が疲れてきませんか?

 

私も最初は大変困りました。

 
この仕事は続けられないんじゃないかと、不安になってました。

 

 

しかし、実はこの原因がディスプレイに大きく影響している可能性があると、
調べていて気が付きました。

 

ディスプレイって普段あまり気にしないですよね。

 
興味のない人は、買って設定もせずにそのまま使い続ける方もいるのではないでしょうか。
私も最初はそうでした。

 

 

しかし、実はこのディスプレイの設定こそが、ウェブライティングをする上で、
とーーーーーっても重要であることがわかってきました!

 

 

それは目が疲れる原因が、ディスプレイの「光度」に大きく影響しているというものです。

 

 

光度というのは、簡単に言えば「明るさ」のことです。
これが工場出荷状態では、店頭の見栄えをよくするために意図的に高い高度に設定されてたりします。

 

それを買って、そのままの状態で使い続けると、確かに疲れます。

 
しかし人間って慣れてしまうもので、大抵そんなもんだと意識しなくなるんですよね。

そしてそのまま気づかないまま作業をしてしまう。

 

 

ちょっとネットとか、ゲームしたり動画見る程度はあまり気にならないのですが、
ライティングという作業はとても目を酷使するので、高い光度が目に大きな疲労を引き起こしてしまうのです。

 

 

そこで私は、ディスプレイの設定項目にある光度(あるいは「明るさ」と書いてあります)を、
相当下げてやってみました。

 

これが大正解!

 

これだけで大幅に目の疲れがなくなりました。

 
もし目に疲れて困っている方がおられましたら、
一度このやり方を試してみてください。
すごく楽になりますよ!
 
 
借金返済
 
借金返済をするなら早めのプロ対策を練る事だと思いますね。
 
 
借金を返していくなら3ヵ月、半年ぐらいは人生の中で自分を最大限まで追い込んでいく必要があります。
 
 
1万円、3万円でもコツコツと返済していく。
 
自己破産は簡単にできる債務整理ではありません。色んな事を知識として入れていく必要があります。
 

CFDの魅力!早めの投資は資産構築で大切

CFDについてお話します。投資というとFXや株式投資が人気ですが、そもそもFXはCFDの為替部門のことでありCFDの一種なのです。

 

海外ではイギリスを初め、欧州で人気ですが、国内ではまだまだだと思います。やはり取引所の整備が進んでいるFXに比べ、扱っている銘柄数が少ないので使い勝手は劣りますが、株式や商品をレバレッジをかけて取引できるのは大きな魅力です。

 

 

日経平均株価を買いたいならば現物ならば株式投資のETFがありますが、利ざやが少ないので長期投資が前提になります。

 

ところがCFDならばレバレッジが掛けられるので、現物の数%でポジションを持つことができ、少ない資金で利益を出すことができるのです。また配当もでるので、現物投資に比べ、高い利回りで利金を回すことができます。

 

 

つまり長期保有による運用にも対応できるのです。またよく比較される先物取引との最大の違いは取引期限がないことです。先物取引は限月ごとに締め日があり、損失を持ち越すことができません。

 

いずれ強制決済になりますが、CFDでは何年後も持ち越すことが可能です。資金さえあれば保有できるので、じっと耐えて配当が貯まるのを待つ方法もあります。また税制面でもFXや商品先物、オプション取引などの損益と合算することができるので、FXでの損失をCFDの利益でカバーするといったことも可能です。

 

 

これは株式投資ではできないのでそういった税制面でも節税効果が見込めます。大手の証券会社の参入がまだ少ないので個人投資家にどの程度受け入れられるのかまだ不明ですが、FXのように人気になればスマートフォンのアプリで手軽に取引ができるようになるでしょう。

 

 

将来的には海外株式の個別銘柄で気軽に取引ができるようになって欲しいと願っています。

 

 

 

現物では手数料の高い海外株式がCFDによって安い手数料で取引できるようになれば、個人投資家でもグローバルな分散投資がよりやりやすくなることでしょう。

 

投資をする事はチャンスでもあり、キャッシングをすること自体が全て悪い事ではありません。

マルチリンガルを目指す!奨学金のリスクとかも

私は母国語である日本語をはじめイタリア語、ドイツ語、フランス語、英語の5か国語を話します。
流暢に何も考えないで使いこなせるのは日本語とイタリア語の2か国語のみですが、仕事で必要になるため他の3か国語も日常会話レベルで使用することができます。

 
私はイタリア語、ドイツ語、フランス語の3か国語は20歳を超えてから習得しました。

 
その経験から、生まれつきではなく物心ついてから意思を持って勉強することでマルチリンガルになるためのコツに関する知識は人より多く持っていると思います。

 
最近は日本でも英語教育の程度の低さが問題視され、幼児期から子供を英会話スクールに通わせる親御さんも増えてきています。

 
ですが小さな子どもは見たこともないルックスの外国人講師に恐れをなし、耳に入ってくる聞きなれない音(言語)に動揺してしまい、スクールに通うことを頑なに拒否する場合も多くあります。
ですが、人間の脳は3歳までに耳にした発音しか識別できないことが専門の研究で明らかになっています。

 
喋れるようにならなくてもいいので、子どもが3歳以下のうちにDVDなどで英語の発音を耳に入れておくだけでも、成長してからの語学学習のアドバンテージになります。

 
例えば日本人はいくら鍛錬しても「L」と「R」もしくは「V」と「B」の音の違いを、発音することは出来ても聞き取ることは困難です。

 
外国語の習得というのは2か国語目よりも3か国語目、3か国語目よりも4か国語目が簡単に感じられるものです。

 
初めての外国を学ぶ時より考え方に柔軟性が付いてきて、文法だけでは説明がつかない点や矛盾点などを「現地の人がこう言うのだからこれでいい」と受け入れることが出来るようになってきます。

 
文法というのは所詮後から取って付けたものなので、ひとつの言語を完璧に説明することは到底不可能です。

 
矛盾点に執着して立ち止まることなく、臨機応変に対応できる柔軟性が、マルチリンガルへの第一歩です。

 

奨学金を借りて勉強をするのも一つですが、お金を借りる事はリスクがあることは避ける事が出来ません。

フルマラソンは借金返済と似ているね

フルマラソンはシドニーオリンピックで高橋尚子さんが金メダルを獲得してから一躍人気のスポーツになりました。

 

なぜ人は参加料を払ってまでフルマラソンを走ろうとするのでしょうか。これは走ってみるとわかると思いますが、フルマラソンは人生と同じなのです。

 

前半は淡々と走ることができます。景色を見る余裕すらあります。

 

しかし後半は足が思うように動かなくなります。だんだん余裕もなくなり辛いことばかり考えてしまいます。フルマラソンは距離ごとに様々なドラマがあります。

 

山あり谷ありの人生と同じような体験ができます。そして辛いところを乗り越えるとまた楽しくなってくることもあります。フルマラソンを走る中で様々な葛藤があり喜びがあり色々な感情が目まぐるしく変わります。そして走っているときは暇なので色々なことを考える時間があります。走りながら自分と向き合う時間も作れるのです。

 

フルマラソンは早い人だとDVD1本分くらいで走りきってしまいますが、素人だとDVD4本分くらいの時間がかかる人もいます。それだけ長時間のレースですので走りきった後は走った人にしかわからない感動が待っています。

 

 

走るためには練習をしなければなりません。昨日できなかったことが今日はできた、昨日出せなかったタイムが今日は出せたなど、一つ一つの目標を立てて実行しそれを達成できた時の喜びを重ねることで人はフルマラソンにはまって行くのだと思います。フルマラソンを走ったことがあるというと人は大抵すごい、自分にはできないと言います。

 

 

しかしフルマラソンは練習さえすれば誰でも走れる競技なのです。東京マラソンのすごい倍率からしても年々フルマラソンは人気は上がっています。

 

ぜひテレビでフルマラソンを見て見て少しでも走りたいなと思ったら練習を初めて見てください。フルマラソンは誰でも走れる競技なのです。

 

こう考えてみると借金返済と同じで長期ロードを制す人は時間をかける必要があるね。

奨学金を借金と言われて男性にもふられた

お金がないことでつらかったというのはよくある話なのですが、お金がもとで人間関係とかもうまくいかなかったことについては本当に辛かったなと思っています。大学院生時代に、必死に勉強をして苦学生をやっていたころ、奨学金を借りながらの生活だったのでかなり生活を切り詰めていました。

 
相手も院生でしたが、おうちがお金持ちの家でなに不自由ない生活をしているようで、こちらの苦学ぶりがいやだったようです。

 

 

なるべく彼に負担をかけないようにとは思っていたのですが、彼が奨学金を借金とみなして、両親のことまで馬鹿にしてきたので、その時ばかりは喧嘩になりました。彼としては、奨学金を自分が肩代わりしなくてはいけないのかと考えていたようです。

 
彼の不安が分かったので、奨学金は自力で返済することにしました。

 

 

幸いにして、給付型の奨学金を手に入れたりできたので、奨学金は無事に返済できたのですが、結局彼にはふられてしまいました。無借金になったところはよかったですが、結局奨学金を借りるような家の娘とは結婚するなと彼のご両親から言われていたようです。

 

 

それを聞いたときはショックでしたし、そのあと彼は結婚したのですが、何の連絡もなく黙って結婚したのでその点では頭にもきてしまいました。正直、院生時代の遊びで私と付き合っていたのかな?という印象です。

 

 

お金持ちは数いますが、結構世知辛い人も多くて嫌な印象を受ける人も多いなと実感しました。こんな人とは二度とおつきあいしたくもないですし、住む世界が違う人だなって素直に思っています。とりあえず、奨学金を借金だと思ってその事実だけでも人のことを判断する人もいるということなので、そんな人たちとは関わり合いたくないなと素直に思うばかりです。